外資系転職履歴書「英文レジュメ」作成のポイント

外資系転職においても、履歴書を作成することになりますが、日系企業向けとは異なる面があります。すなわち、レジュメにおいては、日系企業で使う履歴書と職務経歴書は、一つの書類の中にまとめられます。形式としては、種々のものがありますが、職歴を先に書くことでは共通しています。また、外資系企業は、スキルを重視するため、スキル面をアピールする作り方が重要です。たとえば、職歴欄にどこで何をし、どのような効果を与えたのかを記すようにします。あるいは、資格を持っているのであれば、資格欄を設け、きちんと書き込むべきです。特に、IT職種であれば、海外でも通用する資格をアピールすることができます。取得しているのであれば、しっかりアピールすべきです。ただし、日系企業と同様、簡潔に記述することが重要です。できれば、目を通しただけで、ある程度のスキルなどを把握できるようにすべきでしょう。また、外資系企業への転職と言っても、採用されるまでのルートによっては、上記のようなレジュメは必要ありません。たとえば、日系企業と外資系企業の双方を扱っているエージェントを通しているのであれば、日系企業向けの書類を作成し、それをエージェント側でまとめ直し、先方へ提出します。むしろ、先方が外資系企業であれば、先での述べたようなレジュメは、エージェントが作成することになります。しかし、外資系のエージェントを通すのであれば、自分で作成するようになります。しかも、一般的には、日本語ではなく、英語で作成するようになります。それなりの英語力が問われることは、確かなことでしょう。

知っておきたい!外資系への転職のリスクとは

外資系企業への転職の魅力として挙げられるのは、報酬の高さです。能力の高さに応じて応えてくれる組織は、自分のスキルに自信を持つ人にとっては大きな可能性を持つものです。けれども同時にそれはある種のリスクも負うものとなります。業績重視の組織においては、人を育てる土壌があまり無いところも少なくは無いものです。つまり人材は外から集めるものと徹しているために、いつ戦力外通告されるかわからないというわけです。同様に外資系企業は、企業同士も取り込むためのターゲットと見なす傾向があります。高い利益率を誇る企業や優秀な人材を確保している企業は、買収の対象となりやすいものです。その渦に巻き込まれることによって、職場の環境が大きく変わるリスクも持つことになります。また、技術の進歩が早い業種であれば、常にそのスキルを身につける努力と柔軟性が求められます。けれども人間は、歳を取るとなかなか新しいものを身につけることが難しくなります。つまり、いつまでその職場の環境に身を置いておけるのかは判らないというわけです。その点においても、働き続けることができるか否かという点においてリスクを背負うことになります。外資系企業は実力がそのまま反映される組織となります。それが故に、いつまで在籍できるのか、技術の進歩についていけるのかといった不安もつきまとうことになるのです。もちろん、成果に対しての見合った報酬も用意されているので、やり甲斐は非常に大きなものでもあります。

外資系転職の際の注意点!内定取り消しになるケースとは?

外資系の企業に転職をすることが決定してから、内定取り消しとなるケースもあるので注意をすることが必要です。まず、自分の転職経験を少なく伝えていて、実際はもっと多かったという事実が後で発覚をすると、取り消しとなってしまうのが注意をすることが必要です。どんなに回数が多かったとしても、企業の側に採用したいと思われることができれば採用されるものです。どんなに回数が多かったとしても、堂々と伝えることが大切です。嘘を言ってしまうと、後で大変なことになりますし信用も失い、後悔をすることになってしまうのです。そのほかには、自分が実際には在籍をしていなかった企業にまるで在籍をしていたかのように伝えるのも、後でばれると内定取り消しとなってしまいます。いくら働きたいと思っている外資系の企業があったとしても、嘘を言ってしまうと信用が全くなくなってしまうので注意をすることが大切です。熱意とやる気さえあれば、外資系の企業は採用をしてくれるものです。嘘を言うことだけは、絶対にダメなことなのです。そのほかには、企業の在籍期間を実際よりも短く伝えることも取り消しにつながってしまいます。外資系の面接では、すべてをしっかりと正直に伝えることが大切になってきます。正直に伝えなければ、いくらいいことをたくさん言っても意味がありません。そのあと正直なことをいったとしても、うそつきのイメージがついてしまうので、誰も信用をしてくれなくなってしまいます。