外資系転職履歴書「英文レジュメ」作成のポイント

Pocket

外資系転職においても、履歴書を作成することになりますが、日系企業向けとは異なる面があります。すなわち、レジュメにおいては、日系企業で使う履歴書と職務経歴書は、一つの書類の中にまとめられます。形式としては、種々のものがありますが、職歴を先に書くことでは共通しています。また、外資系企業は、スキルを重視するため、スキル面をアピールする作り方が重要です。たとえば、職歴欄にどこで何をし、どのような効果を与えたのかを記すようにします。あるいは、資格を持っているのであれば、資格欄を設け、きちんと書き込むべきです。特に、IT職種であれば、海外でも通用する資格をアピールすることができます。取得しているのであれば、しっかりアピールすべきです。ただし、日系企業と同様、簡潔に記述することが重要です。できれば、目を通しただけで、ある程度のスキルなどを把握できるようにすべきでしょう。また、外資系企業への転職と言っても、採用されるまでのルートによっては、上記のようなレジュメは必要ありません。たとえば、日系企業と外資系企業の双方を扱っているエージェントを通しているのであれば、日系企業向けの書類を作成し、それをエージェント側でまとめ直し、先方へ提出します。むしろ、先方が外資系企業であれば、先での述べたようなレジュメは、エージェントが作成することになります。しかし、外資系のエージェントを通すのであれば、自分で作成するようになります。しかも、一般的には、日本語ではなく、英語で作成するようになります。それなりの英語力が問われることは、確かなことでしょう。