知っておきたい!外資系への転職のリスクとは

Pocket

外資系企業への転職の魅力として挙げられるのは、報酬の高さです。能力の高さに応じて応えてくれる組織は、自分のスキルに自信を持つ人にとっては大きな可能性を持つものです。けれども同時にそれはある種のリスクも負うものとなります。業績重視の組織においては、人を育てる土壌があまり無いところも少なくは無いものです。つまり人材は外から集めるものと徹しているために、いつ戦力外通告されるかわからないというわけです。同様に外資系企業は、企業同士も取り込むためのターゲットと見なす傾向があります。高い利益率を誇る企業や優秀な人材を確保している企業は、買収の対象となりやすいものです。その渦に巻き込まれることによって、職場の環境が大きく変わるリスクも持つことになります。また、技術の進歩が早い業種であれば、常にそのスキルを身につける努力と柔軟性が求められます。けれども人間は、歳を取るとなかなか新しいものを身につけることが難しくなります。つまり、いつまでその職場の環境に身を置いておけるのかは判らないというわけです。その点においても、働き続けることができるか否かという点においてリスクを背負うことになります。外資系企業は実力がそのまま反映される組織となります。それが故に、いつまで在籍できるのか、技術の進歩についていけるのかといった不安もつきまとうことになるのです。もちろん、成果に対しての見合った報酬も用意されているので、やり甲斐は非常に大きなものでもあります。